バック(後退)を迫られる

リアカメラ(バックカメラ)が役に立ったシーンを動画で紹介。

両面通行でも、すれ違いが出来ない道路は少なくありません。

そのような道路で、両方から車が来たら、いずれかが後退してすれ違うしかありません。

そんな時!カメラが付いていれば、スムーズかつ安全にバックすることが出来ます。

動画について

車内からの映像はドライブレコーダーのもので、実際のドライバー視点よりは高い位置からの映像となります。

使用機器 機種名
リアカメラ(バックカメラ) BCAM5
フロントカメラ CMOS-310
ドライブレコーダー ドライブマン720

タイトル入り



シンプル



譲りやすいほうがバックすれば、スムーズに行き交うことが出来るのに、なかなか相手がバックしてくれない時ってありませんか?

おそらくですが、バックするのが怖いのです!

でも直ぐに行動を起こさなければ、後ろから車がどんどんと来て、二進も三進も行かなくなるんですね。

そうなるともう時間の経過とともに混乱が増すばかりに。

バックカメラがあるのと無いのとでは、後退時の安心感が段違いですので、ぜひ取り付けておきたいアイテムです。

カメラの中でも特にバックカメラは!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月10日

カテゴリ:役に立つシーン

« スーパーワイドビュー(ワゴンRMC21S) | ホーム | バックで駐車(立体駐車場編)ワゴンR(MC21S) »

このページの先頭へ