モニター(ディスプレイ)DIY取り付け作業

今回取り付けるモニターは、パイオニアの5.8V型ワイドQVGモニターFH-770DVDです。

このモニターを、ムーヴのオーディオ取り付けスペースに取り付けます。

※他の作業と並行して行っています。

モニター取り付け位置

※バッテリーのマイナス端子は外した状態です。

1.オーディオパネル

オーディオパネルを取り外します。

ムーヴのオーディオパネル取り外しにて別途解説。

オーディオパネル等、取り外した状態

2.ブラケット類

モニターFH-770DVD本体にサイドブラケットとワイドパネルを取り付けます。

2-2.取付位置

サイドブラケットの取り付け位置を探します。

サイドブラケット固定位置

フィッティングKIT(08606-K2013)とピッタリ合う位置がありました。

※撮影の為、仮止めしています。

2-3.ネジで固定

モニター本体>サイドブラケット>ワイドパネルの順で、まとめて付属のネジで固定します。

ワイドパネル取り付けイメージ

※ワイドパネルが一番外側。

反対側も同じ作業を行います。

3.システム接続

エーモンのオーディア・オーディオハーネス(オーディオ配線キット)を使い車両側ハーネスとモニターFH-770DVD側のハーネス(電源コード)を接続します。

電源ハーネス

配線の接続については、取扱説明書を確認するのが確実だと思うので省略します。

それと取扱説明書に記載されていない事項として、走行中でも操作できるようにするなら、パーキングブレーキスイッチ配線(若草色)をアースに接続しておけばOkです。

これは安全のための措置なので、自己の責任において配線してください。

また走行中に操作するのは大変危険です!

ただ、パーキングブレーキを掛けた時のみの操作に限定してしまうと、ムーヴ(アイドリングストップ)との相性は良くないので、走行中というよりも停車中(アイドリングストップ中)に操作できるようにするために...。

4.本体と接続

AVケーブル、ラジオアンテナ、電源コードを接続します。

今回でいえば、AVセレクターからのAVケーブルをバックカメラ入力と接続しています。

5.モニター固定

スプリングナットを2カ所に取り付けて、計4か所を付属のネジを使い、モニターを固定します。

モニター固定箇所

6.修復

オーディオパネルなどを、元に戻して完了です。

ハザード用のコネクターの行方に注意。

モニター取り付けイメージ

7.動作確認

バッテリーのマイナス端子を元に戻し、AMラジオ、FMラジオなどオーディオの機能やバックカメラ、フロントカメラ映像、ハザード等が問題なく機能するか確認します。

問題がなければ、モニターの取り付け及び自動車用カメラの取り付けは終了です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月 5日

カテゴリ:ムーヴ(LA100S)

« サイドカメラDIY取り付け作業 | ホーム | オーディオパネル取り外しDIY作業 »

このページの先頭へ